紫外線による肌荒れ

紫外線で肌荒れ!

紫外線は、一年中降り注いでいますが危険なのが春先の紫外線です。冬場、余り紫外線の影響を受けていなかったお肌が紫外線の強くなる4月ごろにUVケアを怠ると一気に吸収してしまうからです。真夏に受ける紫外線よりもお肌にとってはダメージ的です。

 

紫外線とは何なんでしょうか?紫外線は、地球上に降り注ぐ太陽光線の種類で電磁場のことです。紫外線はUVA紫外線A波)、UVB紫外線B波)、UVC紫外線C波)と波長の長さによって分別されています。

 

では、紫外線によるお肌の影響はどのようなものがあるのでしょうか?紫外線を浴びると日焼けしてしまうのではでなくて、お肌シワシミなどがあります。
シワは紫外線が真皮に達してしまうのでコラーゲンエラスチンに影響を与えてしまうので水分が損なわれてしまいお肌は、弾力性を失いシワが出来てしまいます。一方、シミは、紫外線を浴びるとメラトニン色素が表皮に沈着してできてしまいます。

紫外線の種類と影響

紫外線の種類 紫外線の影響

 
 
 
UVA(紫外線A波)

・真皮層に到達してコラーゲンやエラスチンにダメージ与えて肌のシミやシワをつくる
・サンタン現象といわれる皮膚を黒化させる作用
・肌の表面がザラつきキメが粗くなってしまいます。
・お肌がたるんでしまったせいで、毛穴が縦にのびてしまった涙型毛穴になってしまいます。
の奥深くまで到達し、じわじわとに様々な影響を及ぼします。

 

 

 

UVB(紫外線B波)

・長時間の日光浴でが赤くに焼けたり、水膨れができたりします。
お肌の表面の細胞膜を傷つけたり、炎症を起こしたりします。
・皮膚のトラブルや、メラニン色素を増加させて日焼けによるシミソバカスを引き起こします。
・日焼けの原因が紫外線B波です。

 

日焼け止め商品の選び方
用途 SPF PA
短時間の屋外活動 SPF10〜20 PA 「 効果がある」
数時間の外出 SPF20〜30 PA 「 効果がかなりある」
数時間程度の屋外での活動 SPF30〜50 PA 「 効果が非常にある」
長時間の屋外での活動 SPF50 PA 「 効果が極めて高い」
海・プール ウォータープルーフタイプ

 

SPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数をあらわします。
SPFを調べるのには、「SPF20」の商品は、紫外線を浴びてから肌が赤くなり始めるのにおおよそ20分かかる人がいるとしたら、
日焼けまでの時間を20倍に延ばすことができる、という意味です。
肌が赤くなるのに20分かかる人はSPF20で20分×20倍=400分、約6時間40分は紫外線のUV-Bを防いでくれる計算です。
今は、SPF50の日焼け止めが出ていますが、SPF30以上は一般的に効果が変わらないとも言われています。

紫外線の対策

紫外線対策としては一般的に日焼け止めクリームとかを塗りますが、それだけではなく「日傘」「帽子」「サングラス」等グッズを併用して紫外線対策をしましょう。
UV-Aは窓ガラスを通過して部屋に入ってしまうので、家の中だからだといって安心しないでください。UVカットされたカーテンや窓ガラスに貼るフイルムなどもありますので利用してみては、いかがでしょうか?
日焼け止めクリームは、2時間置きくらいに小まめに塗り直して、汗や水などで濡れてしまったら塗り直すようにしてください。

 

また、紫外線は目からも吸収してしまいます。紫外線は、反射をするのでどの角度から目にはいいてくるか分かりませんのでサングラスUV加工されたコンタクトレンズなどで対策してください。紫外線を吸収しすぎると翼状片(よくじょうへん)白内障(はくないしょう)瞼裂斑(けんれつはん)といった目の病気にかかってしまうので注意してください。

 

 

紫外線対策

ブルークレールトライアルセット通常7,000円相当⇒80%OFFの1,580円(税込・送料無料)紫外線で荒れてしまったお肌に是非お試し下さい!無添加にこだわり作られた化粧品です。いきなり高価な化粧品を使うのに抵抗がある方のために、トライアルセットを用意しました。「美容液」「化粧水」「美容保湿クリーム...

≫続きを読む

 

 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット