喫煙による肌荒れ

喫煙していますか?

喫煙肌荒れがしてしまうのは当たり前のことです。
では、なぜ害があるとわかっていながらタバコをやめられないのでしょうか?

 

ニコチン依存症ってご存知でしょうか?
タバコはナス科タバコ属の一年草の亜熱帯性植物で葉の成分として有毒習慣性の強いニコチンを含んでいます。体内のニコチン血中濃度が下がると不快な感じがしたりイライラ感が募ってすぐに喫煙したくなるのが特徴で喫煙したあとは、落ち着きが戻ったりします。

 

常習的な喫煙は、習慣依存症薬物依存症が重なり合って禁煙することのできない人はニコチン依存症と言われる精神疾患に分類されてしまいます。

 

ニコチンによる影響として、血管が収縮されてしまいまで酸素や栄養素が行き届かなくなりターンオーバーが上手く行われなくなってしまいます。また、ビタミンなどの栄養素も破壊されてしまい、お肌を作る元となるコラーゲンや女性ホルモンが減ってしまいシミやシワが出来てしまいます。

 

喫煙による体内の栄養素の破壊や臓器のダーメージなどで肌荒れしてしまうのは、当たり前のことなんです。

肌荒れの種類と症状

肌荒れの種類 喫煙による症状

 

しわ

ニコチンによる血管の収縮で血行が悪くなってしまううえ活性酸素が増加してコラーゲンエラスチンが破壊されて真皮の働きが衰えてしまうためハリがなくなりしわができてしまいます。

 

シミ

喫煙によるビタミンCの破壊でメラニン色素の生成を抑えることができなくなってしまいニコチンによって新陳代謝も低下して体内からメラニン色素を排出できなくなりシミとなってお肌に定着してしまいます。

 

毛穴

喫煙によって毛穴が開いてしまい汚れやタールが付着してしまい毛穴の汚れが目立ってしまいます。煙によって皮脂腺が刺激されてしまい皮脂が出てきて毛穴をふさいでしまうこともあります。それによって毛穴が目立ってしまいます。

 

きめ

喫煙することによって皮脂腺の働きが乱れてしまい皮脂の分泌が上手くいかず表皮の細胞を滑らかにすることができなくなってしまい、のきめが粗くなってしまいます。
黒ずみ 煙草に含まれる有害成分のタールに付着してしまい全体を黒ずんでみせてしまいます。

禁煙してみますか?

お肌に充分悪いタバコがやめられれば、今よりキレイなお肌になるのではないでしょうか?
まずは、禁煙グッズなどでいろいろ試してみて頑張ってみませんか?どうしてもダメな場合は、禁煙外来のある病院で治療を受けることをおすすめします。
百害あって一利なしと言われるタバコですが禁煙ブームの中、喫煙者っていうだけで白い目をむけられてしまいます。禁煙を頑張って美肌を手に入れてみませんか?

 

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット