生理前による肌荒れ

生理で肌荒れ

女性の方なら月に1回は生理があると思いますが、生理によって肌荒れに悩まされてしまう方が多いと聞きます。どうして、生理の時期に肌荒れになってしまうのでしょうか?

 

生理にはホルモンが非常に関係しています。生理前になると黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンは、女性の体にとても重要で子宮を妊娠の準備をするように変化させるホルモンです。この時にホルモン分泌の影響で皮脂が増えて肌荒れの原因となっています。

 

生理前に体調不良(頭痛、腰痛、下腹部の痛み、便秘ニキビ)や精神的不安定(情緒不安定、イライラ感、)が出てしまう人がいれば、黄体ホルモンの影響から来るものと思われます。黄体ホルモンの分泌時期が一番、肌荒れしやすい時期になってしまいます。

 

逆に、整理後に分泌されるホルモンがあります。卵胞ホルモンと呼ばれるホルモンで女性らしい丸みのある体つきにして自律神経を活発にして、体調を整えて、気持ちを安定させてくれるホルモンです。
卵胞ホルモンコラーゲンを増やしてくれたりお肌をみずみずしてくれる等の働きがあります。

 

この二つのホルモンの働きによって肌荒れのしやすい時期があります。

ホルモン ホルモンの働き

 
 
黄体ホルモン

・卵巣内の卵胞を成熟させて排卵、受精に備えて妊娠しやす体にする。
・卵子を育て、子宮の内膜を増殖させる働きをします。
・女性らしい丸みのある体つきにつくる
・自律神経を活発にして、体調を整えて、気持ちを安定させる
・血流を良くしたり真皮のコラーゲンを増やして、肌に潤いやハリを出す

 
卵胞ホルモン

・子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態に保ちます。
・血管を拡張させて骨盤内に血液をためる。血行を悪くする
・水分を体内や脳に貯めるため、むくみをまねく。
・腸の蠕動運動を抑制して、お腹のハリや便秘を起こす
・皮脂分泌を促して、肌を保湿する
・妊娠に備えて、体に栄養や水分を蓄える

肌荒れを抑えるために

この二つのホルモンの分泌時期に肌荒れしやすい時期と逆に肌が活性化する時期があることがわかります。
黄体ホルモンの時期に肌荒れを抑えるためには、規則正しい生活習慣を送るようにして緑黄色野菜をとるようにバランスが取れた食事を心がけるのも大切です。
また、肌が弱っている時期でもありますのでお肌のお手入れはなるべく、刺激の少ないスキンケア用品でするように気をつけたいものです。

 

生理対策

生理前×肌荒れ、、肌トラブルでお肌がピンチな方へ!生理前の肌荒れやあらゆる肌トラブルにお悩みの方にオススメのオールインワン化粧品です。肌トラブルを繰り返していて、いろいろケアをしてきたけどなかなかあわなかった人や乾燥肌や敏感肌で悩んでいる方にオススメです。また、使用後に万が一お肌に合わない場合は”商...

≫続きを読む

 

 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット