化粧品による肌荒れ

化粧品で肌荒れ!

女性にとって「化粧」は毎日、欠かせないものですがその化粧肌荒れを起こしてしまって悩んでいる女性が多いです。
化粧品には様々な種類が豊富です。洗顔料化粧水保湿剤メイク用品まで合わせるとかなりの数になると思います。

 

では、何故化粧肌荒れが起きてしまうのでしょう?第一に考えられるのが原材料です。化粧品のほとんどの成分に「界面活性剤」と言われるものが入っています。
そもそも界面活性剤とはなんでしょうか?界面とは、性質の異なる2つの物質の境界面のことをいいます。2つの混じり合わない物質の間には、必ず界面が存在します。

 

皆さんもよく知っている「水」と「油」は、混じり合わないものの代表的な存在ですが界面活性剤は、この界面に働いて界面の性質を変え、水と油を混じり合わせることができるのです。界面活性剤は何千種類とありますが、危険な石油系界面活性剤と安全な動植物性界面活性剤に大別できます。

 

お肌に悪いのが石油系界面活性剤で化学的に合成されたものを「合成界面活性剤」と呼ばれています。石油系合成界面活性剤は身近なところでかなり使われていて洗剤や歯磨き粉、シャンプーなどにも含まれています。水と油を混ぜ合わせて作られるクリーム乳液のような化粧品は、石油系合成界面活性剤が使われて作られることが多いです。
石油系合成界面活性剤洗浄力は強いですがそれだけお肌にも負担をかけてしまい保護膜を壊してしまいます。余分な皮脂を取り除いてくれれば良いのですが、必要な皮脂まで取ってしまいます。
皮脂は、お肌のバリヤーとなってお肌の内部の水分を逃がさない役割をしてくれていますがこの皮脂が根こそぎ取れてしまえば水分がなくなり結果的に肌荒れに導いてしまうのです。

 

また、石油系合成界面活性剤は浸透力がとても高くて、お肌の内部まで入り込みます。よく乳液化粧水を使うとの奥まで染み渡っているような感じがしませんか?これは、石油系合成界面活性剤の浸透力なのです。
このように、石油系合成界面活性剤を使って作られた化粧品で肌荒れを起こしてしまう方がいます。

石油系合成界面活性剤の一例

種類 成分表示名称
●石油系合成界面活性剤 ラウリル硫酸Na(SLS)・ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸アンモニウム・ラウレス硫酸アンモニウム・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩・トリエタノールアミン・スルホン酸Na・キシレンスルホン酸アンモニウム・パレスー3硫酸Na・パレスー3硫酸アンモニウム

化粧品は使えないの?

このような記事を書くと化粧品は使えないなの?という訳ではありません。確かに、石油系合成界面活性剤を使った商品はありますけど、化粧品メーカーさんも石油系合成界面活性剤の危険性は、分かっているのでそれに対する対策はしていて、石油系合成界面活性剤を使わない化粧品に力を入れています。

 

界面活性剤を使わずに化粧品を作ることは可能ですが良い商品を作るためには使わざるを得ないです。天然系合成界面活性剤を使用することによって危険性を低くするなどの努力をしています。そういう状況下の中でメーカーさんは、お肌に影響の少ないものを探し出して製品開発をしています。

 

界面活性剤をすべて悪いと考えるのは間違っていて、どういう目的で使用しているかが肝心だと思います。合成界面活性剤は確かに、洗浄能力は高いですが、水と油を混ぜ合わせる素材としても使われていますので、汚れを落とす目的で使われているのなら危険ですが素材として使うなら良いのではないでしょうか?

 

化粧品を使うときにちょっと気を使って肌荒れを起こさにようにして、いつまでもキレイなお肌でいたいですね。

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット