洗顔による肌荒れ

正しい洗顔していますか?

美肌作りの第一歩が洗顔と言われています。
洗顔方法には関して様々な情報が溢れ返っていますがどれが正しいのか正直言ってわからなくなっていませんか?もし間違った洗顔をしていたらお肌を傷つけて老化を早めることになりかねません!

 

まず、洗顔の目的は、化粧や余分な皮脂や古い角質皮膚についている汚れや雑菌を洗いながして清潔なお肌にすることです。
その皮膚についた汚れやお化粧皮脂を無理に落とそうとして力強くあらっていませんか?力任せの洗顔はお肌のバリアである皮脂を落としすぎてしまい保湿が失われて乾燥して肌荒れの原因になってしまいます。お肌は、毎日少しづつ再生されて古い角質とともに汚れが剥がれていきますので大切な皮脂まで落としすぎないように気をつけましょう。
洗顔の時のすすぎに使うのはぬるま湯が良いです。高温だとお肌を守っている皮脂が溶けて落ちてしまうからです。皮脂潤いを守る大事な役割を果たしているのでくれぐれも落としすぎないように気をつけましょう!

 

洗顔石鹸はちゃんと泡立てていますか?毛穴の奥にある汚れは泡の表面張力によって引き出されますので上手く泡立てられないようなら泡立てネットを使うなどしてきちんと泡立ててから洗顔して下さい。また、泡立てることによってお肌と手の摩擦が減ってお肌を傷つけるのを防いでくれる役割りもしてくれています。

 

最後に、洗顔後に顔をタオルで拭きますがこの時に力を入れて拭き取ってはいませんか?上下に力強くこするとやはり皮脂が取れてしまうのもありますが皮膚たるみを助長してしまいます。タオルで水分を軽く拭き取るイメージで充分です。

洗顔 洗顔時の注意

 
泡立て

洗顔の時に泡立てネットを使うなどしてきちんと泡立ててから洗顔しましょう。泡の表面張力汚れを引き出して手と皮膚の摩擦を防いでくれます。ちょっとしたひと手間がお肌を守ってくれます。

 
洗顔

Tゾーンと呼ばれる額から鼻の頭では余分な皮脂がたまりやすいのでよく落とします。鼻の脇なども丁寧に洗って下さい。目の周りの皮膚はとても薄いので力を入れて洗うとたるみ原因になってしまうので注意して下さい。

 
すすぎ

すすぎは基本的に人肌よりぬるめのお湯か水ですすいで下さい。高温のお湯などですすぐとお肌皮脂が落ちてしまい乾燥してしまいます。お湯だと毛穴が開いて汚れが落ちるイメージがありますがくれぐれも注意して下さい。

 
拭き取り

洗顔後にタオルなどで余分な水分を拭き取りますが、この時も力任せに拭き取らないように注意して下さい顔を拭く時に上下に強くこすると皮膚のたるみの原因になってしまいます。タオルを軽く押さえつけるイメージで充分水分は取れます。
ケア 洗顔後は、十分に保湿をして下さい。洗顔でかなりの皮脂が落ちてしまっているので乾燥からお肌を守るためにも保湿は大切です。

洗顔

洗顔は、最低でも朝と夜の2回はするのではないでしょうか?間違った洗顔を毎日2回も何年も続けていたらお肌のダメージはかなり蓄積されてしまうと思います。人それぞれやり方があると思いますが基本的な洗顔方法を知ってお肌を大切にして下さい。くれぐれも、皮脂の落とし過ぎには気を付けて下さい。皮脂は、皮下の水分をとどめておく大切な役割をしていますので、取りすぎはかえって乾燥を招き肌荒れを進行させる原因になってしまいます。

 

 

 

洗顔対策

100%天然原料のプレミアム海藻石鹸!『海のNever-ri』は、すべて自然の原料でつくられた、100%天然の石鹸です。お肌の古い角質を無理なく落として、肌の汚れ、毛穴の汚れを落とし、洗顔しながら肌本来の力を蘇らせ、その場しのぎじゃない、キメの整った透明感のある素肌が実感していただけます。また、人工...

≫続きを読む

 

 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット