便秘による肌荒れ

便秘肌荒れになってしまった!

便秘が原因で肌荒れに悩んでいる方が多いです。では、何故便秘になると肌荒れになってしまうのでしょうか?
便秘になると自律神経のバランスが崩れてしまいす。自律神経には、交感神経副交感神経がありますが副交感神経の動きが弱まると消化器官の機能が低下して便秘になりやすくなってしまいます。

 

そうなると、腸内で悪玉菌が増えてしまい腸内環境が悪くなって善玉菌が減ってしまいます。その時に腸内で発生した有害物質が体内にたまってしまい肌荒れを起こす原因と考えられています。

 

また、自律神経は体温調整や血液の循環、呼吸、消化吸収などの神経で、天秤にかけているようなバランス状態が良くて、このバランスが崩れてしまうと体調不良精神不安定原因にもなってしまいます。
体内で発生した有害物質は、腸壁から血液に溶け出して体全体に回ってしまいます。血液は血管をとしてまで達していますので有害物質は肌まで到達します。この有害物質の再生機能を低下させて肌荒れになってしまいます。

 

便秘解消のために! 解決策
善玉菌を増やす

・ヨーグルト・チーズ・納豆・味噌・キムチなど乳酸菌を多く含んでいる発酵食品
・オリゴ糖やグルコン酸は善玉菌の栄養素になると言われていて善玉菌を増やしてくれます。
・食物繊維とる

運動をする

・腹筋が弱いと踏ん張れないので排便が弱くなる
・有酸素運動で副交感神経を刺激する

ストレスをためない ストレスを感じると交感神経が働くので腸の動きを制御してしまうので便秘になりやすい、リラックスした状態だと副交感神経が働いて腸の動きも活発になります。

便秘にならないためにもまずは、ストレスをためないことが大切です。副交感神経を優位な状態にして腸内の活動を活発化させてあげることによって善玉菌が増えて便秘が解消されてくると思われます。

 

発酵食品には善玉菌の元となる乳酸菌が多く含まれていますので毎日取れるようにするとよいでしょう!

 

便秘による肌荒れ原因と対策


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット