ニキビによる肌荒れ

どうしてニキビができるの?

ニキビはどうしてできてしまうのでしょうか?その原因について説明していきたいと思います。
では、ニキビは、どこに出来てしまうのでしょうか?ニキビは、毛穴にできます。
まず、男性ホルモンのバランスが崩れてしまうと毛穴から分泌される皮脂が過剰に排出されて徐々に毛穴につまらせます。毛穴には、アクネ菌(ニキビ菌)と言われる細菌が住みついています。
アクネ菌は毛穴にたまった皮脂や老廃物を栄養にして増殖していきます。
肌荒れで、お肌のバリア機能が弱っている時は、アクネ菌を抑える力も低下するのでアクネ菌は増殖してしまい皮膚を炎症させる物質を出すので皮膚は赤く炎症を起こしてしまいニキビとなってしまいます。

 

思春期にできるニキビのほとんどがアクネ菌によるものです。
もともと、思春期は男性ホルモン分泌が増えての皮脂が非常にたまりやすい時期ですので、
それによって毛穴がふさがったり清潔な状態が保てなくなったりするとニキビが出来てしまう原因です。
男性ホルモンのバランスがとれるようになると徐々に緩和されて行きます。

 

大人になってからできる「大人ニキビ」は、なかなか治りにくいと言われています。大人の場合は、生活環境によるストレスが最大の一因とされています。
それに伴う、食生活のバランス、生活のリズムの変化や運動不足、疲れとかいろいろありますがこれらのリズムが崩れるとホルモンのバランスも崩れてしまいニキビが出来やすくなってしまいます。
また、便秘によるニキビの誘発も考えられます。腸内が正常に働いていないと便が体の中にずっと残っていると毒素が体内にたまってしまう状態ですと、悪玉菌が増殖して有害な物質が毛穴から放出しようとしてニキビを作ってしまいます。こういった、複雑な要因が重なってニキビを作ることがありますので
普段からの規則正しい生活や体にストレスを与えないのが大切です。

ニキビの種類

ニキビの種類 症状

 

 

白ニキビ

ニキビの初期段階のもので炎症が起こる前の状態です。
白ニキビは、毛穴に角質や汚れがたっまた状態でコメド(面皰)と呼ばれています。皮膚科医よっては、この段階で潰しても良いとされています。白ニキビの時にちゃんと対処してニキビ跡やニキビ痕が残らないようにして赤ニキビに進行させないのが大切です。

 

黒にきび

白ニキビを放置していると皮脂が毛穴を広げて詰まった角栓が空気に触れて黒ニキビになってしまいます。ほうっておくと「黒ずみ」になって目立ってしまいます。やはり、この段階できちんとした対策をしておけば跡が残リスクが減ります。

 

 

赤にきび

酸化したにきびに雑菌がつき炎症を起こしてきます。赤ニキビは、実はかなり危険な状態です。赤く膨れて見えるのは、肌の下で炎症をしてしまっているからです。
放置しておくさらに悪化して皮膚内で炎症が広がってしまい悪いことに真皮に多大な損傷を残ってしまうこともあります。

 

 

黄にきび

赤にきびがさらに悪化して化膿したものです。膿が溜まって皮膚が盛り上がって強い痛みを伴うことがあります。
無理に膿を出そうとすると皮膚が裂けてしまい酷い跡が残ってしまいますのでこの状態になってしまったら専門の皮膚科を受診する事をおすすめします。

ニキビ対策

それでは、ニキビを作らないようにするのには、どうすれば良いのでしょうか?
生活習慣の見直しから始めてみてください、睡眠不足ではありませんか?睡眠不足だとお肌ターンオーバーが乱れてしまいお肌の再生が上手くできずにニキビが出来やすくなってしまいます。
できれば夜は、11時には就寝して6〜7時間は睡眠をとるように心がけて下さい。

 

食生活はどうでしょうか?栄養の偏っていないバランスの取れた食事を心がけていますか?
ジャンクフードやお菓子類、ケーキなどカロリーの高いものは、皮脂の分泌が増えてしまいますのでできるなら摂取しないようにして、無理なら少しづつ減らしていくようにして下さい。
また、無理なダイエットをして食生活での栄養の偏りにならないように気を付けて下さい。無理をするとそれ自体がストレスとなってしまい体調不良から肌荒れを起こしてしまいます。
バランスの取れた食事をしないとホルモンのバランスも崩れてしまい生理不順などをお越してニキビが出やすくなってしまいます。

 

 

 

ニキビ対策

治ってもまた現れる大人ニキビに悩んでいる方へニキビで荒れてしまったお肌を隠そうとしていませんか?殺菌力の強いクレンジング剤や洗顔石鹸、メイクの厚塗りなどは、悪循環の元です。「薬用アクネスラボ」は、4万人以上のニキビ肌を診察した皮膚科の博士が日本人の肌に合わせて作ったニキビケアシリーズです。是非とも一...

≫続きを読む

 

 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット